銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

題詠blog2009観賞 第6回「水玉」



006:水玉(都季) (31pieces)
100均のビニール傘もオレンジの水玉模様に変わる夕立


 ☆「オレンジの水玉模様」という言い回しがいいですね。夕立が楽しく感じられます。考えてみると、水玉模様というのは形状を指示しているだけで、色までは言及していないわけです。オレンジの水玉、かわいいではありませんか。



006:水玉(O.F.) (O.F.)
水玉の透明ビニール風呂敷で白猫包めば沈丁花咲く


 ☆悪ふざけのほほえましいシーンなのかもしれません。しかし私がこの歌から嗅ぎ取ったのは『死』の香りです。少し怖さを感じさせる描写ですが、沈丁花が咲くことで怖さは切なさに変わります。本来鳴くべき猫がつかさどる『音声』が封じられている代わりに、沈丁花の担う『芳香』が歌空間を支配しています。奥行きのある一首です。



006:水玉(A.I) (Private Window)
永遠にうつくしくあれ 水玉に閉じ込められた蜻蛉のように


 ☆この「水玉」はいわゆるドット模様のことではなくウォータードロップそのもののことですね。水には定まった形はありません。が、特定の状況下では特定の形を成します。氷に結晶したり、四角い枠にはめれば四角いプールとして存在します。水玉として存在するときの水の美しさは、水のうちと外とを分けている「境界」にあります。その球状のかたちを作り上げているのは重力です。自然はかくも美しいのです。その水玉に閉じ込められた蜻蛉はディティールまでもがよく保存され、永遠の美を保つことができるのでしょう。



006:水玉(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
水玉のハンカチぐらいならきっとお揃いだってバレなかったね


 ☆少年少女のカップルの会話でしょうか。既婚者がらみの秘めた恋だとシャレにならない。しかし本来的に恋とは秘められたもの。秘められるがゆえにその想いは異化され特権化されていく。恋愛ゲームがスリルに満ち、スリリングであるが故に私たちを夢中にさせるのにはそういった理由があるのではないでしょうか。
[PR]
by yoizukisaene | 2010-01-06 12:39 | Comments(1)
Commented by mion_riu at 2010-02-09 09:40
コメントありがとうございました♪
私のなんてまだまだ“ことばあそび”です・・・。
でも、楽しくやっているので、完走目指して頑張ります!

「宵月冴音(師匠)」←私なんかが師事してもいいんですか???
<< 雪が降り始めました 題詠blog2009観賞 第5... >>



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧