銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

伊豆の踊子について語る。

今日は学校のある日でした。

午前は通常通りの隔週土曜講座でしたが、
午後から2時間の枠で「伊豆の踊子」読解講座(希望者参加制)をやりました。

高校1年生が対象ですが、「伊豆の踊子」は初めて読んだという生徒ばかり。
大丈夫かな…とすこし心配でしたが、一緒に読んでいくと、
ちゃんと読み進めることができます。
一安心。

とはいえ、「踊子」は昭和初期の作品です。
今はもう無くなってしまっている言葉や制度もたくさんでてくるわけで。

「旧制高校」っていうのはね・・・とか、
「50銭銀貨」っていうのはね・・・とか、
細かく解説しながら丁寧に読み進めていきます。

生徒たちは、当時の一高生と踊子ら旅芸人との間の社会的地位が、
想像以上に隔絶していることに驚いていました。

また、「雪国」とも共通するような≪トンネル≫の扱われ方にも興味深そうな反応を示していました。

今の1年生は、11月にはじっさいに伊豆・天城山中を訪ねるので、
その意味ではよい事前学習になったかなと思います。


こういう文学教育の授業も、また機会を設けて実施できればいいのですが、
なかなか時間が取れないのが実情です。
[PR]
by yoizukisaene | 2012-09-15 18:49 | さえね先生 | Comments(0)
<< マンボウの歌 まぼろしの花。 >>



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧