銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

りんご紅茶のその中で

 君の尾のぴいんとなれる秋の朝 すました顔でどこへゆくのだ


 水底の月やさしくて我はただキリエを歌う凍れる街よ


 エーテルの震える夜に聴くならば たとえばバッハのチェロ無伴奏


 800キロ離れていてもあの月が見えてる悲しさ
 柔らかである


 月光のあまねく冷えて猫の声キリエも歌うことができない



 熟語なんてみーんな捨ててしまいたい 制度発熱戦争平和


 萌えいずる春を包みて特別な日に薄紅の花束を君に


 ゆく春の狂い桜のその下で、胸をつらぬくための小刀。


 ぬばたまの闇も絢なり桜坂 春の星空われ狂わせて


 伝えてはならぬ想いと知りつつも 桜の花の満開の下
 


「君は妹みたいでついかまっちゃうんだ」もっとかまって猫背の君よ

 

                         汗ばめどすぐに冷たくなってゆく君のお腹に溺死するらん 


                       まざりけのないあいがあったとおもう、きみはとおいまちにいる、四月。 


                     小粒なるいちごにミルクかけましてくちゅくちゅにして食べるのが好き♪


                         雲立てる夏雲の果ての果てまでも我かけさせよ君のもとまで
[PR]
by yoizukisaene | 2007-02-07 21:53 | 今日の歌 | Comments(0)
<< りんご紅茶をこぼす朝 真夜中のりんご紅茶 >>



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧