銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

カテゴリ:未分類( 81 )

3.11を前に 鈴木博太「ハッピーアイランド」を読みかえす


鳥籠の後ろの正面惨後憂き上は大水下は大火事

ゆでたまごをれんじにかけるとおくからおもしろそうなハイぼくのこえ

歳ガ素の人がオトずれ「フッキュウにヒト尽き」「ここハマッタンでして」

とりあえず窓を閉め切り出来るだけ出ないおもてに奔と卯のそら

Dieコンノへ んナカタちがテント ウニナラびはじメタハチがツショじゅん

フクスィマにいきたくない使徒フクスィマでいきたく死と うえのえきなう

ふりかえるトきがあるナラみなでまたやヨイとおカヲやろうじゃないか

ふるさとはハッピーアイランドよどみなくイエルダろうか アカイナ マリデ

ミナコこがふるサトミたいにかたりだすオダやかナカオでどうかしテルヨ

ワレワレハふくすぃマジンダ ハリボテの大地のうえによみガエルまで

県カラノ緊急要請左記ノ如「当面丸秘扱イノ件」

(「ハッピーアイランド」より)


生きている人は、これを忘れてはいけない。




[PR]
by yoizukisaene | 2017-03-09 12:02 | Comments(0)

八丈島旅行日誌⑧

c0103551_17571131.jpg
ふるさと村という八丈島の伝統的な住居が再現・保存されている施設があったので、寄ってみました。
地元のおばあさん二人がお茶など出して、もてなしてくれました。



c0103551_17563516.jpg

左下のメロンのような果物は「しまうり」(島瓜)といい、砂糖で味付けがしてあり、とても甘いものです。島の年寄りはこれが大好き。食べ過ぎて死ぬ人もおり、「ばばごろし」というのだとおばあさんは教えてくれました。
なんと。


c0103551_1758582.jpg

ちなみに地元のスーパー「八丈ストア」で見かけた島瓜(加工前)。手のひらに収まるほど。マンゴーくらいかな。もっと大きいのもありました。
[PR]
by yoizukisaene | 2014-08-28 17:57 | Comments(0)

手紙魔まみ、春の逃走(週末、深泥が池で)

音もなく散り果てぬべしむらさきの深泥が池の蓮の花びら
[PR]
by yoizukisaene | 2013-04-13 15:37 | Comments(0)

今年も参加します。(宵月冴音)

今年はどんなお題になるんだろう、と、毎年ドキドキしながら参加させていただいております。
よろしくおねがいします。
[PR]
by yoizukisaene | 2011-02-11 12:02 | Comments(0)

題詠100首blog参加します。(宵月冴音)

今年こそ完走めざしてがんばります。
[PR]
by yoizukisaene | 2010-06-28 20:38 | Comments(1)

題詠blog2009観賞 第6回「水玉」



006:水玉(都季) (31pieces)
100均のビニール傘もオレンジの水玉模様に変わる夕立


 ☆「オレンジの水玉模様」という言い回しがいいですね。夕立が楽しく感じられます。考えてみると、水玉模様というのは形状を指示しているだけで、色までは言及していないわけです。オレンジの水玉、かわいいではありませんか。



006:水玉(O.F.) (O.F.)
水玉の透明ビニール風呂敷で白猫包めば沈丁花咲く


 ☆悪ふざけのほほえましいシーンなのかもしれません。しかし私がこの歌から嗅ぎ取ったのは『死』の香りです。少し怖さを感じさせる描写ですが、沈丁花が咲くことで怖さは切なさに変わります。本来鳴くべき猫がつかさどる『音声』が封じられている代わりに、沈丁花の担う『芳香』が歌空間を支配しています。奥行きのある一首です。



006:水玉(A.I) (Private Window)
永遠にうつくしくあれ 水玉に閉じ込められた蜻蛉のように


 ☆この「水玉」はいわゆるドット模様のことではなくウォータードロップそのもののことですね。水には定まった形はありません。が、特定の状況下では特定の形を成します。氷に結晶したり、四角い枠にはめれば四角いプールとして存在します。水玉として存在するときの水の美しさは、水のうちと外とを分けている「境界」にあります。その球状のかたちを作り上げているのは重力です。自然はかくも美しいのです。その水玉に閉じ込められた蜻蛉はディティールまでもがよく保存され、永遠の美を保つことができるのでしょう。



006:水玉(空山くも太郎) (ケータイ短歌 備忘録)
水玉のハンカチぐらいならきっとお揃いだってバレなかったね


 ☆少年少女のカップルの会話でしょうか。既婚者がらみの秘めた恋だとシャレにならない。しかし本来的に恋とは秘められたもの。秘められるがゆえにその想いは異化され特権化されていく。恋愛ゲームがスリルに満ち、スリリングであるが故に私たちを夢中にさせるのにはそういった理由があるのではないでしょうか。
[PR]
by yoizukisaene | 2010-01-06 12:39 | Comments(1)

題詠blog2009観賞 第5回「調」





005:調(秋月あまね) (予定された調和が見つかりませんでした。)
秘するべし碧遊星の水沫よりはつかに生れしピアノの調べを




005:調(ME1) (FILL mobile)
  そばだてて聞こえてきますか?哀しみはチャコールグレイの泉の調べ




005:調(宮田ふゆこ) (ソーダ・ファウンテン)
「すまないが帰ってくれ」は鈍感な考古学者の口調で言って






005:調(松原なぎ) (日向水(題詠blog2009))
今までの句点をぜんぶ調べればあなたが好きといってるはずよ






005:調(bubbles-goto) (BIBBLy HoUR)
(誰ですか)(帰してください)(わかりません)きのこ殖えゆく取り調べ室






005:調(椎名時慈) (タンカデカンタ)
真実は怖いことだと知りながら調べてしまう 雨が近づく




005:調(vanishe) (場所)
櫓のねなむやさしき調べ草臥せばみずの都にほたるはまひて
[PR]
by yoizukisaene | 2010-01-06 12:38 | Comments(0)

題詠blog2009観賞 第4回「ひだまり」





004:ひだまり(denkoo) (水際にて)
ひだまりを駆ける子どもの声遠く冷えた布団できみと抱き合う






004:ひだまり(本田あや) (明晃晃)
5年後はおそらく君といないだろう このひだまりを忘れずにゆく






004:ひだまり(花夢) (花夢)
けがれなきひだまりをその野良猫はためらいもなく踏み付けている




004:ひだまり(続木ミオ) (文庫箱)
ひだまりを何度も何度も踏み潰し泣き出しそうな少年の君




004:ひだまり(田丸まひる) (ほおずり練習帳。)
ひだまりがあなたの耳の後ろから匂っています しかたないのよ



004:ひだまり(駿河さく) (花どろぼう)
ひだまりのなか立ちつくす揺るぎない肯定文を歌うあなたに




004:ひだまり(イダヅカマコト) (はじめてのぶんがくてきはーどこあ)
みあげれば天文単位われわれはひだまりですら直線でとる





004:ひだまり(丸山程) (スクリブルタンカ)
しあわせは続かないもの 昼寝から目覚めればもうひだまりは無く





004:ひだまり (里坂季夜) (コトノハオウコク)
ひだまりの羊になった夢さめて指笛低く吹く羊飼い
[PR]
by yoizukisaene | 2010-01-06 12:36 | Comments(1)

060:引退(宵月冴音)


[PR]
by yoizukisaene | 2009-11-30 23:09 | Comments(0)

059:済(宵月冴音) 

生臭き息吐き出して済めば背の冷たき汗をはじめて思ふ
[PR]
by yoizukisaene | 2009-11-30 23:09 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧