銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

カテゴリ:さえね先生( 77 )

湿度について調べてみる。


 今日はめちゃくちゃ湿気の多い日でした。
 湿度計を見ると湿度96%。気温は26℃くらいでしたから、この高い不快指数の下手人は湿気に違いないわけです。

 それにしても湿度96%って、ほとんど結露寸前じゃない、と思ったところで、
「湿度100%というのは、水中なのか」という素朴な疑問が発生したので、湿度について調べてみました。


 湿度(しつど、英: humidity)とは地球の大気中に含まれる水蒸気の量や割合のこと。湿度にも数種類の指標があるが、一般的には相対湿度を意味し、気象予報などで使用されている。

 相対湿度100%で大気中の水蒸気量が飽和となり、結露を生じる。また、そのときの温度を露点温度という。(wikipedia「湿度」より)


…なるほど。


 飽和水蒸気量について調べてみると、
「1立方メートルの空間に存在できる水蒸気の質量をgで表したものである」とのことです。

 また、気温が高くなればなるほど1立方メートル当たりに含む事のできる水蒸気の量も多くなるようです。

たとえば

20℃のときは 17.2g/1立米
30℃のときは 30.3g/1立米
35℃のときは 39.6g/1立米 
40℃のときは 51.1g/1立米 (wikipedia「飽和水蒸気量」より)


ぜんぜん違いますね。なかなかおもしろい。

しかし!

「湿度100%は水中なのか」という当初の疑問が全然解消されていないことに気付く。

 そこで、「湿度100% 水中」で検索してみたところ…
 出ました。yahho知恵袋。同じようなことを考えている人がいるもんですね。



〔ベストアンサーに選ばれた解答〕


 湿度というのはある一定の体積の空気にどれくらいの水蒸気が含まれているかということです。
 水ということに変わりはありませんが普段目にしている液体の水ではなく気体として空気に溶け込んでいるみずのことなのです。

 気温が~度なら一定の体積の空気に~立方㎝の水蒸気が溶け込めるかという値は決まっていてその度合いを湿度というメーターで表しているのです。
 だから湿度が100%だからといって水の中というのはそもそも考えが間違っているのです(なので水中には湿度という概念はありません)

 わかりやすい例としてお風呂に入った時に視界がくもっていることがありますよね?
 あれは湿度が100%を超えて空気に溶け込めなくなった水蒸気が湯気(湯気は気体ではありません霧とかと一緒です)となってそこら辺を漂っているんです。




なんか、すごくわかりやすい解説でした!
すっきり!!




どれだけの水を含んでいるのだろう
梅雨明けを待つ夜の空気は

 
[PR]
by yoizukisaene | 2013-07-06 17:50 | さえね先生 | Comments(0)

星陵中学校・高等学校演劇部 自主公演のお知らせ

告知


学校法人静岡理工科大学星陵中学校・高等学校
演劇部 第1回自主公演「暮れないマーチ」

c0103551_17273162.jpg



1 主  催 学校法人静岡理工科大学星陵中学校・高等学校演劇部

2 後  援 富士宮市教育委員会・星陵高校同窓会・星光会他

3 日  時 平成25年3月24日(日)
        Aキャスト公演 14:30開場 15:00開演
        Bキャスト公演 17:30開場 18:00開演

4 場  所 富士宮市民文化会館小ホール

5 入 場 料 一般・高校生 300円 中学生以下無料
        ※チケット1枚で2回の公演をご覧いただけます。

6 上演作品  亀尾佳宏作「暮れないマーチ」 

7 演  出  原田一雄(本校顧問・演出担当、高齢者演劇集団「チャレンジャー」主宰)

8 問合せ先  星陵中学校・高等学校演劇部(担当:佐野)

            TEL 0544-24-4811
            FAX 0544-24-9929
            E-mail nyushi-koho@starhill.ed.jp

           ※チケットのお求めや公演情報などお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by yoizukisaene | 2013-03-10 17:28 | さえね先生 | Comments(0)

お見送り。(その2)

c0103551_10185037.jpg


 みんなと過ごした1年間はかけがえのないものでした。
 また学校に遊びに来てくださいね!
[PR]
by yoizukisaene | 2013-03-06 10:18 | さえね先生 | Comments(0)

お見送り。

c0103551_10165456.jpg


 みなさん、それぞれの新天地で元気で頑張ってください。
[PR]
by yoizukisaene | 2013-03-05 10:17 | さえね先生 | Comments(0)

みたび、挑戦の時。

c0103551_10371510.jpg

もちろん、フランスパンも応援しています。



 ※「フランスパンの教え」

  フランスパンは外壁は硬く、殴れば人を傷つける武器にもなります。
  しかしかれらは、その身を切り分けることで多くの人の生をつなぎ、
  命を支える糧となるのです。
  みなさんも、そんな中身のある人になりましょう。
  あと、人はみかけで判断してはいけません。
  堅いフランスパンだって、中身は甘くやわらかいのです。
[PR]
by yoizukisaene | 2013-02-11 10:40 | さえね先生 | Comments(0)

ななせふたたび。


c0103551_10334330.jpg

食パンも応援しています。



※「食パンの教え」

 食パンはそのままでも十分おいしいのに、みんなバターやジャムを塗って食べます。
 食パンはいちばん美しい顔に、いろいろと塗りたくられるわけです。
 でも、食パンは文句ひとつ言いません。
 さまざまな味を、だまって受け入れ、包み込んでくれます。
 みなさんも、そんな心の広い、懐の深い人になりましょう。
[PR]
by yoizukisaene | 2013-02-02 10:32 | さえね先生 | Comments(0)

がんばれ受験生。


c0103551_1032167.jpg

豆しばもみなさんの健闘を祈っています。

[PR]
by yoizukisaene | 2013-02-01 10:30 | さえね先生 | Comments(0)

伊豆の踊子講座(後編)

今日は前回に引き続き、「伊豆の踊子」読解講座の後半戦です。

「私」と踊子ら旅芸人一座は、福田屋を出発していよいよ下田へ向かいます。

旅中で旅芸人たちの身の上がポツリポツリと語られ、踊子が「薫」という名前であることも明かされます。しだいに打ち解けていく「私」と旅芸人一座。非日常の南伊豆の旅は、孤児根性に凝り固まった「私」の心をしだいにほぐし、そして癒していきます。


授業の中では、生徒と一緒に読み解きながら、

・鳥打ち帽が象徴的に果たしている役割
・物語構成上の問題解決(孤児根性の解消)
・「終焉」後の透明な余韻(下田での別れ)
・「何も残さないこと」によって、南伊豆での淡やかな思い出は永遠の美しさを手に入れたのだということ

などといったトピックスについて押さえていきました。

今回も「活動」(活動写真=映画)など当時特有の語句も出てきて、生徒も語句の意味を一生懸命考えており、なかなか楽しめました。

最後の質疑応答では川端康成の死についての質問が出るなどして、生徒の関心の深さがうかがえました。


文学散歩は2週間後。秋の南伊豆はどんな表情で彼らを出迎えてくれるのでしょうか。
[PR]
by yoizukisaene | 2012-10-06 18:26 | さえね先生 | Comments(0)

伊豆の踊子について語る。

今日は学校のある日でした。

午前は通常通りの隔週土曜講座でしたが、
午後から2時間の枠で「伊豆の踊子」読解講座(希望者参加制)をやりました。

高校1年生が対象ですが、「伊豆の踊子」は初めて読んだという生徒ばかり。
大丈夫かな…とすこし心配でしたが、一緒に読んでいくと、
ちゃんと読み進めることができます。
一安心。

とはいえ、「踊子」は昭和初期の作品です。
今はもう無くなってしまっている言葉や制度もたくさんでてくるわけで。

「旧制高校」っていうのはね・・・とか、
「50銭銀貨」っていうのはね・・・とか、
細かく解説しながら丁寧に読み進めていきます。

生徒たちは、当時の一高生と踊子ら旅芸人との間の社会的地位が、
想像以上に隔絶していることに驚いていました。

また、「雪国」とも共通するような≪トンネル≫の扱われ方にも興味深そうな反応を示していました。

今の1年生は、11月にはじっさいに伊豆・天城山中を訪ねるので、
その意味ではよい事前学習になったかなと思います。


こういう文学教育の授業も、また機会を設けて実施できればいいのですが、
なかなか時間が取れないのが実情です。
[PR]
by yoizukisaene | 2012-09-15 18:49 | さえね先生 | Comments(0)

「テノヒラタンカ」について。

短歌が好きだという生徒に歌集を貸しました。

「テノヒラタンカ」。

c0103551_20185135.jpg


大学生のころに買って、大好きで何度も何度も読んだ本です。
とはいえ、2002年の本。

高校生にとっては“遠い昔”の本なので、感性が合えばいいな…と心配でしたが、
生徒にはとても喜んでもらえました。

感想を聞いてみると、脇川飛鳥さんの歌(→「前がかんぺき見えててこわい」)について、
「いいよね!」「すごく感じがいい!」「リアル感がいい!」「空気感がいい!」
と、2人で絶賛。

生徒と短歌の話で盛り上がれるのはめったにないので、短いながらもとても楽しい時間でした。
[PR]
by yoizukisaene | 2012-08-08 20:09 | さえね先生 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧