銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

カテゴリ:題詠blog2008( 48 )

今年も完走できず

文字通り忙殺されました。歌えない人生なんて生ける屍と同じだ。
とりあえず未投稿作品をあげときます。

047:ひまわり ひまわりを蹂躙しては革命の少年兵の目の澄みわたる
048:凧 凧糸を離してしまった冬の日の風の冷たさ今も忘れず
049:礼 

050:確率 今きみがここで私に告白しOKもらえる確率を出せ
051:熊 ラフカディオ・ハーンの影を冷え冷えと秋月ひとつ照らす熊本

052:考
053:キヨスク

054:笛 滝つぼの紅葉寄せたる照月に奉るべし横笛の音

055:乾燥
056:悩

057:パジャマ せっけんの匂いほのかYシャツをパジャマがわりに着せてもらった

058:帽
059:ごはん
060:郎
061:@

062:浅 春浅き大和三山いづれにも寄らず出で来し朧月かも

063:スリッパ
064:可憐
065:眩

066:ひとりごと 「夕焼けの向こうはずっと夕焼けで…」ひとりごとする我が子は愛し
067:葱 裏庭の畑(はた)ひそやかに葱生ふる二十一世紀の雨を浴びつつ

068:踊

069:呼吸 雨音もやがて忘れて闇の中君の呼吸とひとつ溶けあう

070:籍
071:メール

072:緑 灰色の翼はやがて雲を割り緑したたる異国に入る

073:寄 

074:銀行 変わりばえせぬ銀行のサボテンに花が咲いたというしらせ来る

075:量
076:ジャンプ

077:横 カフェよりも図書館よりも君の横いちばんときめくいちばんおちつく

078:合図

079:児 健児の守りし跡もこけむして今日秋草生ふぞ悲しき

080:Lサイズ 
081:嵐
082:研

083:名古屋 とろとろと暑い夏の日とじこめて名古屋ゼリイ化計画発動

084:球

085:うがい がらがらぺっうがい薬をはくように精液吐ける人妻といて

086:恵

087:天使 悪行はすべて焼かれて十二月天使のいない一月が来る

088:錯
089:減 いつの間にかメールの回数減ってるね銀杏はこんなにキレイなのにね
090:メダル

091:渇 核の火の如き日没見送りてにはかに喉の渇き覚えき
092:生い立ち 素粒子に生い立ち語らせてみむや十月十日の一日終わる
093:周 つつがなく地球周回せし月が破壊されぬというニュース聴く

094:沈黙 
095:しっぽ 
096:複 
097:訴 
098:地下 できそこないの歌を隠しておくための地下水脈の場所は秘密だ
099:勇 
100:おやすみ 
[PR]
by yoizukisaene | 2008-11-01 22:21 | 題詠blog2008 | Comments(1)

046:設 

トパアズの目をした黒き猫が鳴く春まだ遠き設楽原に
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 13:33 | 題詠blog2008 | Comments(0)

045:楽譜(宵月冴音)

燃え上がる黄金の蝶を釘打ちすコンチェルタントの楽譜の上に
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 13:32 | 題詠blog2008 | Comments(0)

044:鈴

神鈴を振れば寂滅新月の闇に祟るよおきつね様が
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 13:14 | 題詠blog2008 | Comments(0)

043:宝くじ

宝くじ三回当たる確率(=)小惑星に当たる確率 
※(=)は「は」(wa)と読む。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 12:58 | 題詠blog2008 | Comments(0)

042:鱗

靴下を脱がしてみれば光りたる鱗が落ちてきた春の夜
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 12:57 | 題詠blog2008 | Comments(0)

041:存在

「存在」を確かめるため歩きましょう月の砂漠の潮満つ海を
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 12:57 | 題詠blog2008 | Comments(0)

040:粘 

「粘り強くあきらめきれぬ性格」は「往生際が悪い」ということ
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 12:56 | 題詠blog2008 | Comments(0)

039:王子

王子様来ぬままに老ゆ姫君の傷一つ無き銀(しろがね)の髪
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 12:56 | 題詠blog2008 | Comments(0)

038:有 

有限会社人類抹殺実行計画この七日より新装開店!
[PR]
by yoizukisaene | 2008-10-24 12:55 | 題詠blog2008 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧