銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春だというのに

c0103551_1613511.jpg


 雪の毎日です。
 もうすぐ三月。花も咲くころですよね…なのに、超吹雪。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-27 16:14 | Comments(0)

正しい文学少女。

c0103551_16122587.jpg


神様神様、どうか私に文才を。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-26 16:11 | 今日のなんでも | Comments(0)

最後の日々。

c0103551_16104542.jpg


卒業式まで、後数日です。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-25 16:10 | Comments(0)

ヒトラー直筆の漫画発見?=ノルウェーの博物館で-英紙

 【ロンドン23日時事】23日付の英紙デーリー・テレグラフは、ノルウェーの戦争博物館で、第2次大戦中にナチス・ドイツ総統ヒトラーが描いたとみられる複数の漫画が見つかったと報じた。(時事通信)

c0103551_13135917.jpg

結構かわいい。





c0103551_13374165.jpg

作者はこちら。

[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-24 13:13 | 今日のなんでも | Comments(2)

コラム学習。

 いま、寮での宿題として、新聞のコラムを使った学習をしています。
 試行錯誤をしながら、学力の底上げをはかってゆきます。
 
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-22 22:53 | さえね先生 | Comments(0)

プゲラ

『関西大学の教授が笑いを数値化』というニュースについてたコメントが個人的にツボだったので転載。

 ・アッハ(aH):通常の笑い、漫才・落語など
 ・イッヒ(iH):含み笑い、シモネタなど
 ・ブッハ(bH):お茶を吹く笑い、ナイスレスなど
 ・プゲラ(pG):蔑む笑い、KYレスなど

プゲラ…
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-21 18:53 | Comments(2)

赤福を食べてきた!

c0103551_14433062.jpg



赤心(まごころ)を失い、スキャンダルにまみれた伊勢銘菓の老舗『赤福』。
無期限販売延期処分となり、幻の味となっておりました。
しかし今月から発売再開!
赤福復活の知らせを聞いては、菓子マスターのさえね先生も黙ってはいられません。
伊勢神宮まで
いってきました。


c0103551_14462119.jpg

このピンク色の車の中に赤福がつまっています。



c0103551_14473094.jpg

復活した老舗の看板。



c0103551_1448137.jpg

平日にもかかわらず、本店には長蛇の列。



c0103551_14484272.jpg

ついに対面を果たす!



感想は…


うーむ、やわらかーい!
そしておいしい♪
これぞ赤心。私も赤福復活を祝おう。

老舗の看板が二度と泥にまみれることのないように、がんばっていただきたいものです。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-20 14:59 | 今日の食 | Comments(0)

月はどっちに出ている?

c0103551_22374047.jpg

TOKYO BLACKは大人の味。


 香ばしい、といってもいいんじゃないかと思うほどのロースト感。
 イギリス人はこういうのが好みなのかな。

 そういや、昔ヒースロー空港のパブで飲んだ黒ビールも、やたら香ばしかったのを覚えてる。

 支払ったポンド硬貨のずっしりとした重さに、大英帝国の残照を見たって言えばなんかカッコイイけど、たまねぎのフライがやけにプロパンガスくさかった件のほうがどっちかというと印象深いや。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-18 22:41 | 今日の食 | Comments(1)

連日雪雲の中。

c0103551_7271659.jpg


下界が雨でもここは雪。
毎日底冷え、限りなし。

ふわふわ、さらさらのパウダースノウだけど、
交通に影響が出ないとはいいきれません。

気をつけないとすってんころりん。大怪我です。
[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-16 07:28 | 今日のなんでも | Comments(0)

春の矜持。


オレンジの色鮮やかに雪の日の三色すみれの春の矜持は

雪原に踏み入りてゆくそのときのふかぶかとある春までの距離

にごり水朝そのままにとじこめて凍つるおもてをわれ踏み割りぬ

見上げれば大方とけて屋根の雪雨の昨日を立春とする

花の木を燃やす匂いは雨に似て古い暖炉のカフェルノワール



c0103551_7262525.jpg

[PR]
by yoizukisaene | 2008-02-15 14:39 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧