銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

やっと、週末。

まみのいない秋空青くすみわたり
ゆっくりすぎていく週末よ
[PR]
by yoizukisaene | 2013-09-28 16:31 | 今日の歌 | Comments(0)

さよなら、まみ。



薄痕を隠したような月の日は秘密の箱を開けたくもなる



にんげんは忘れて生きる生き物とむかしのあなたが残した手紙



忘れじの行く末までは難けば あなたのプリン食べたのわたし



そういえばあなたの手紙は空色で
いまはわたしの文字がそらいろ



藍色のひかりのなかで目を覚ます あれが野獣のいびきなのかも



浮かべば、星/白昼の木陰にて回転木座に揺られて夢を



一点の黒
生じれば
それはもう
白ではなくて
黒の点 なの



大木のような確かさ しんしんとあなたの右手を握りしめてる



左手をあなたのために差し出して
騎士は額に誓いのキスを



ねぇ、世界
どんなときでも
左手に 右手を
きみに もれなく 愛を




さよならまみ。
うたはいつでも
ぼくたちの
そばにいるから
生きていけるよ
[PR]
by yoizukisaene | 2013-09-22 15:02 | 今日の歌 | Comments(0)

青天の霹靂


「朝起きたら私は虫になっていた」
そんなことって ほんとうに ある
[PR]
by yoizukisaene | 2013-09-20 15:57 | 今日の歌 | Comments(1)

歌は残り

歌が残り
歌が私を苦しめる
遠きその日の
その歌さえも




 本歌
 歌は遺り歌に私は泣くだらういつか来る日のいつかを怖る  永田和宏 
[PR]
by yoizukisaene | 2013-09-20 13:42 | 今日の歌 | Comments(0)

秋無残。


刈られたる鶏頭二本打ち捨てて黄泉への河を渡りけるかも
[PR]
by yoizukisaene | 2013-09-20 13:17 | 今日の歌 | Comments(0)

仲秋の名月

名月や
二度と見られぬ
この月を
ひとり仰ぎぬ
この世の月を
[PR]
by yoizukisaene | 2013-09-19 13:17 | 今日の歌 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧