銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パッソアオレンジ

恋人の数だけ恋があるように
パッソアオレンジ色の
夕暮れ
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-22 20:46 | 今日の歌 | Comments(0)

推薦入試・AO入試合格祈願。

c0103551_8165281.jpg


夢に向かって最善を尽くせ!
暑い夏は過ぎたけど、
一年で一番熱い秋が来ます。
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-22 08:19 | さえね先生 | Comments(0)

すくいのひかり

ひかりあれこの世の罪で練り上げし魂ひたす水底までも
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-21 20:27 | 今日の歌 | Comments(0)

秋の朝

持ちきれぬ罪を抱えて
生きている
昨日も今日も
そして明日も



目覚めても
罪ぬぐわれぬ
たなごころ
空すみわたる
秋の朝かも



またひとつネキシウム減り
秋 深し
朝 夕べの
枕のなみだ

c0103551_910439.jpg

[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-19 09:10 | 今日の歌 | Comments(1)

フェルメールブルーの空


フェルメールブルーの空に溶け果てて
誰の邪魔をもしたくない朝


c0103551_975889.jpg

[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-19 09:09 | 今日の歌 | Comments(0)

秋の月影


校庭に吹く秋風はかなしかり
砂の数だけ
涙をこぼす



さみしさは
この世に生まれ
ひとりきり
このながき夜を
ただ過ごすこと



ひとはみな生きているから
仕方ない
今夜の月を見のがしたって



またあした
二度と眺めることのない福島に照る月のかたちよ
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-18 17:58 | 今日の歌 | Comments(3)

かぐや姫追想

竹取物語の後半、かぐや姫のもとに月の都からの迎えがやってくる有名なシーンがある。
本文を追ってみよう。




ひとりの天人いふ、「壺なる御藥たてまつれ。きたなき所のものきこしめしたれば、御心地あしからんものぞ。」とて、持てよりたれば、聊甞め給ひて、少しかたみとて、脱ぎおく衣に包まんとすれば、ある天人つつませず、御衣をとり出でてきせんとす。

その時にかぐや姫「しばし待て。」といひて、
「衣着つる人は心ことになるなり。物一言いひおくべき事あり。」といひて文かく。

天人「おそし。」と心もとながり給ふ。
かぐや姫「物知らぬことなの給ひそ。」とて、いみじく靜かにおほやけに御文奉り給ふ。
あわてぬさまなり。



かぐや姫はいう。「月の都の衣服を着ると心が変わってしまうといいます」と。
月の国はきよらかなところで、悩みも苦しみもない浄土なのだ。

そんな場所が幸せなのかどうかはわからない。
でも、もしあるならば一度くらい行ってみてもいいかもしれない。



こころなき国に渡らばいかばかりわが肉体も休まざらめや   北斗
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-14 17:23 | 題詠blog2014 | Comments(0)

完走報告(佐野北斗)

 8月から走り始めて2か月と5日で完走できました。
 こんなに短期間に集中的に歌を詠んだのは初めての経験です。

 100首目の歌「最後まで優しい人でいてあげる それがいちばん残酷だから」は、
 実は一番最初にできた歌でした。

 次に作ったのが、1番の歌。
 こうして私の100首の旅がはじまりました。

 この2か月は、幸せなことばかりではなかったけれど、いろいろ考えることのできた濃密な時間でした。

 やはり私は歌と離れて生きることはできないようです。


 2014年台風19号、近づいていますね。
 大きな被害が出ないことを祈りつつ。


 野分迫る海のざわめきと見るばかり心も身をも鎮めがたくて   北斗


 拙い100首歌におつきあいくださり、ありがとうございました。
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-12 15:08 | 題詠blog2014 | Comments(3)

100:最後(佐野北斗)

最後まで優しい人でいてあげる それがいちばん残酷だから
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-12 14:55 | 題詠blog2014 | Comments(0)

099:観(佐野北斗)

観世音菩薩この世を救ふべし 苦しむ人の業のかぎりを
[PR]
by yoizukisaene | 2014-10-12 14:54 | 題詠blog2014 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧