銀星亭~Villa d'Etoile en argent~

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1立方メートルの空を切る

1立方メートルの空が降ってきて人をゆっくり潰してゆくの


    ・


1立方メートルの空切り取って下界に向けて落とす仕事よ


切り取ると少しだけ重くなるからね
自然に空からはなれてゆくの


その下にひとがいること知ってるわ
だけど仕方がないことだもの


たとえばこの大きなガラスあるじゃない?
こーゆー単位で切っていくわけ


雲の脈理ひとつもないとよっしゃって思ったりとかしますね、やっぱ。


地におちるすれすれのとこでふよんってとどまりますよ 空ですからね


まざりものやよくないものが多ければそのまま地面までいっちゃうという


明け方ね
朝に限るわ
純粋で透きとおる青い空を切るなら


いつの日か切れる青空なくなれば
私の仕事もなくなるでしょう


はつなつの明け方の空 君の名は未来としよう
それじゃあ切るね


切るという行為の意味を思ったり忘れたふりをしたりして切る


痛いって話はきいたことないし
切っててもそんな感じしないし


いっかいだけ細かく切ったことがある
そしたらすぐに消えちゃったのよ


君だけに教えてあげる(ないしょだよ)空は水からつくっているの


かなしみの空をかためて切り出せば空はかなしき水として降る


かなしみの果てぬ空より雨よ降れ
ひとのかなしみかき消すために


陽炎の感触にすこし似ているの
だから切らない小春日の空


うまく切れず欠片となったその空が
化石みたいにカチコチになる


夕暮れの空はあんまりもたないの
切られたそばから夜になるから


    ・


祈りましょう
きりとった空のかたまりが
今日も誰かの役に立つこと


c0103551_18152494.jpg

[PR]
by yoizukisaene | 2016-10-12 18:06 | 今日の歌 | Comments(0)

秋の歌、五首。



ほんとうにゆっくりとゆく秋雲の上にこそあれ 亡き人の魂


螢火の暗きにともりまた消える
そんな人生だったと思う


僕たちの秘密かくした森の木が落葉するまで手と手をつなぐ


ずいぶんと遠くまで来てしまったね
すこしだけ君の横で寝かせて


夜が明けて次に目覚めるそのときはふたりはもとの二人にもどる
[PR]
by yoizukisaene | 2016-10-12 18:03 | 今日の歌 | Comments(0)



静岡在住の歌人です。日々詠んだ歌を載せています。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
人生は一日一日の積み重ね..
by 通りすがりの名無し at 01:28
お悔やみ申し上げます。 ..
by yoizukisaene at 15:31
馬鈴薯の花摘みながら 振..
by 通りすがりの名無し at 00:28
小さい鍋でつくる味噌汁、..
by yoizukisaene at 07:12
4月。新年を迎えたような..
by 通りすがりの名無し at 01:42
ご来場いただきありがとう..
by yoizukisaene at 18:12
学校という場所にいること..
by yoizukisaene at 19:29
卒業生のみなさん 卒業..
by 通りすがりの名無し at 06:21
ありがとうございます。1..
by yoizukisaene at 16:11
お久しぶりです!通りすが..
by 久しぶりの名無し at 15:20
管理人プロフィール
《生まれも育ちも》
1984年、静岡県富士宮市生。
2006年3月、熊本大学文学部文学科日本語日本文学分野卒業。現在、静岡県在住。
2006年「短歌研究」誌掲載。
2009年「平成万葉集」(読売新聞社)入集。
2012年 歌集「高天原ドロップス」(文芸社)上梓。

《専門と専攻》
専門:日本古典文学(平安朝和歌文学)
専攻:「古今和歌集」とその表現

《師弟関係》
師事 安永蕗子
弟子 小海碧架
    まみ


《著作一覧》
最新のトラックバック
047:持 より
from 楽歌三昧
佐野北斗さんの歌
from 麦畑(題詠blog用)
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧